肝斑とシミの治療法

顔に出来る肝斑とは?

肝斑とシミのちがいとは

お肌のエイジングケアを意識し始める30代に突入した方の中には、顔にもやっとしたシミが広がり始めたような方もいらっしゃると思います。化粧などで何とか隠すことが出来ても、なんだか自分が急に老け込んでしまったような気がして気分が重くなりますね。

この顔にもやっと広がるタイプのシミは「肝斑」と呼ばれるものであり、30代に差し掛かった女性に多くなっているシミになっています。30代から40代の方に多くなっており、頬骨に沿ってほとんど左右対称になって表れるのが特徴です。肝斑やシミをクリニックで治すならこちら。

肝斑と普通のシミの大きな違いは、普通のシミが紫外線を浴びてしまうことによってできてしまうのに対し、肝斑は紫外線を浴びなくてもできてしまうというところにあります。紫外線も間接的には影響を及ぼすこともありますが、直接的な原因ではありません。

とはいえ、普通のシミと肝斑は、なかなか見分けづらいものがあります。ただ、肝斑は前述したとおり頬骨に沿った形か頬骨の近くに左右対称に表れるのに対して、通常のシミはそういった規則性がなく表れるためにその部分で見分けることが可能だと言えるでしょう。

ただし、日光黒子と呼ばれる加齢によってできるシミがたまたま顔の左右対称の位置に出来てしまう場合もありますので、左右対称にできているシミが必ず肝斑だということではないのも同時に押さえておきましょう。

日光黒子と肝斑の決定的な違いは、シミと肌との境界が明確ではなく、とてもあいまいになっているため、顔にもやっと広がっているのも特徴です。特に大きめの肝斑の場合には、頬骨を中心として顔全体に向かってもやっとシミが広がっていることが見分ける際のサインになるでしょう。

Copyright © 顔に出来る肝斑とは?. All rights reserved.